CADは必要ない?手書き製図のメリットとデメリットを知ろう

CADは必要ない?手書き製図のメリットとデメリットを知ろう

最低限の道具があれば始められる

CADは高性能なので便利アイテムです。作業効率をアップさせることができるので、CADを導入したいと考えている人も多いかもしれません。しかし、CADには高額な導入費用が必要となります。CADを正常に動作させるにはスペックの高いパソコンも必要でしょう。スペックの高いパソコンも高額であるため、予算の少ない人にはCADの導入はハードルが高いと言えます。それに対して手書き製図は最低限の道具があれば作業が始められるというメリットがあります。ペンと消しゴム、図面用の紙、物差しなどを用意できれば、すぐに製図を始められます。必要な道具を全て買い揃えたとしても、パソコンとCADのソフトウェアを購入するよりも安い買い物だと言えます。予算が少ない人でも気軽に始められるのが手書き製図の魅力的なポイントでしょう。

1つのミスで作業効率が落ちることもある

手書き製図のデメリットとして考えられるのが、作業効率の低下です。例えば手書き製図を行っているときに、必要のない線分を書き足してしまったとします。この場合は消しゴムで必要のない線分を消す作業を行いますが、1つの線分だけを丁寧に消すのは難しく、必要な線分まで消してしまうこともあります。そうなれば必要な線分をもう一度書き直す作業を行うことになります。1つのミスによって無駄な作業が増えていくので、作業効率が落ちやすいでしょう。もし必要のない線分だけを消すことができても、その作業は神経を使いながら時間も浪費します。CADであれば元に戻すというボタンをワンクリックするだけで済むので、この点においてはCADと手書き製図での作業効率の差は大きいと言えます。

電気CADは、電気機器を専門に扱うメーカーや工務店の他、個人で一般家庭や法人の電気工事を請け負っている人の間でも普及し始めています。